大学薬学部一覧 大学選択の参考に 薬学部を目指したい

【まるわかり】大阪大学薬学部の偏差値・学費・留年率を薬剤部長が解説

2021年8月8日

私立大学薬学部の偏差値・学費・留年率
大阪大学薬学部偏差値知りたいです
大阪大学薬学部6年間の学費知りたいです
大阪大学薬学部の留年率薬剤師国家試験合格率知りたいです。

 

大阪大学薬学部を目指す学生、保護者の方には次の悩みがあります。

はてな

大阪大学薬学部の受験情報が知りたい

大阪大学薬学部の国家試験合格率が知りたい

大阪大学薬学部の学費が知りたい

この疑問、悩みにお答えします。

この記事の信頼性

だだの
薬剤部長

薬剤師歴20年目(2021年時点)

大学病院薬剤部13年勤務

現在は、民間病院の薬剤部長をやってます

部長歴6年

医療業界に長くいるので、裏事情までしっかり把握してます。

プロフィール

国公立大学薬学部を目指している学生の方は、受験進路選択の判断のため、偏差値、受験科目などの情報を知りたい人が多いです。

また薬学部は6年制であるため学費の総額が気になる方が多いのではないでしょうか?

さらに重要なのが、薬剤師になるための最大目標である薬剤師国家試験合格に関する数値。

この薬剤師国家試験の合格率留年率など、入学後の学生生活でも気になるデータはあります。

 

この記事では前半パートでは薬学部の進路選択の参考になる大阪大学薬学部薬剤師国家試験合格率留年率などのデータをまとめてます。

後半パートでは大阪大学薬学部募集人数受験倍率試験科目など受験データをまとめてます。

最後まで読んでいただければ、大阪大学薬学部を目指すために必要な情報収集の手間がはぶけ、情報を把握することで進路選択の判断に役立つことができます。

1.大阪大学薬学部のデータ

皆さん薬学部の進路選択を決めるには、偏差値、6年間総額学費、薬剤師国家試験合格率、留年率のデータが気になることでしょう。

大阪大学薬学部偏差値6年間総額学費薬剤師国家試験合格率留年率のデータは次の通りです。

項目数値
偏差値70
6年間総額学費3,496,800円
真の薬剤師国家試験合格率82.61%
6年間ストレート
薬剤師国家試験合格率
82.8%
留年率6.9%

就職率も気になると思いますが、薬学部卒の就職率に関しては、国公立、私立、偏差値によって違いはなく、どの大学も90%後半から100%となってます。

これは薬剤師の有効求人倍率が3倍以上であり、薬剤師免許さえ取得できれ就職することはほぼ可能です。

ただ就職先に関しては、出身大学の影響が出てきます。

この点に関しては次の記事にまとめてますので、参考にしてください。

薬学部の偏差値が薬剤師の就職に影響する?【徹底解説つき】

真の薬剤師国家試験合格率:「出願者数」で計算した合格率

※厚生労働省が発表する薬剤師国家試験合格率は、「出願者数」から卒業延期者、欠席者をのぞいた「受験者数」で計算されてます。

したがって、欠席者が多くなると合格率が上昇する「からくり」があります。

2.大阪大学薬学部の偏差値は70

大阪大学薬学部の偏差値

大阪大学薬学部の偏差値は当サイト調べでは70

項目偏差値
東進73
河合62.5
ベネッセ73
平均70

大阪大学薬学部偏差値国公立大学薬学部3位となってます。

国立大学薬学部14校では3番目の偏差値です。

今回作成した薬学部偏差値ランキングは下記のサイトから引用してます。

引用)

東進:東進ハイスクールの合格可能性80%大学入試偏差値ランキング

河合塾:入試難易予想ランキング

ベネッセ:2021年度入試対応 私立大学・学部の偏差値一覧

3.大阪大学薬学部の学費は6年間で約350万円

大阪大学薬学部の学費

大阪大学薬学部6年間の推定学費は国立大学共通で3,496,800円となります。

学費に含まれるデータは次の通り。

  • 入学金(初年度のみ)
  • 授業料

※教科書、参考書、別途請求される実習費などは計上してません。

それでは初年度の学費、2年目以降の学費の内訳を紹介します

なお、このデータは21年度入学者のデータなので、変更になる可能性があります。

<大学生の生活費の目安は?>

大学生の生活費は、自宅生の場合の生活費は年額で70万円、6年間で420万円

アパートなどを借りて自宅外でする場合は、生活費として年121万円、6年間だと726万円かかるとされてます(参考:平成30年度学生生活調査|日本学生支援機構)

都市部の方が家賃がかかる可能性が高いので、進学先の住宅状況によって生活費の総額は変わります。

参考にアパマンショップのリンクを貼っておきますので、家賃相場の参考にしてください。


初年度学費

学費内訳費用
入学金282,000
授業料535,800
合計817,800

2年目以降学費

学費内訳費用
授業料535,800
合計535,800

学費には実務実習費が含まれてます。

6年間総額学費

大阪大学薬学部6年間総額学費は、3,496,800円となってます。

この学費の低さは、進路選択のポイントの一つとも言えます。

※教科書代、追加の教材費が上乗せされる可能性があります。

学費の詳細情報、納入方法、納入時期に関しては、大学の公式資料などで詳細を確認して下さい。

スタディサプリでは、下記のボタンから簡単に無料で資料請求できます。

※なおこのページの「まとめ」には、まとめて資料請求でプレゼントがもらえるキャンペーンもありますので、複数気になる大学がある場合はそちらの方がお得です。

スマホでも簡単資料請求

 

4.大阪大学薬学部の真の薬剤師国家試験合格率は82.61%

大阪大学薬学部の真の薬剤師国家試験合格率

大阪大学薬学部真の第106回薬剤師国家試験合格率82.61%で、国公立大学薬学部17大学の中で16位となってます(山陽小野田市立山口東京理科大学薬学部、和歌山県立医科大学薬学部は卒業生がまだ出ていない)。

なお、データは厚生労働省が発表している「薬剤師国家試験大学別合格率」を参考。

過去3回の真の薬剤師国家試験合格率、ランキングは以下の通り。

薬剤師国家試験真の合格率%ランキング出願者数受験者数合格者数厚労省発表
合格率%
第106回82.611623231982.61
第105回88.891327272488.89
第104回88.461526262388.46

(引用)過去の薬剤師国家試験の結果|厚生労働省

ここ3回の真の薬剤師国家試験合格率は、国公立大学薬学部の中では低い80%台

しかしそれでも80%台は安定してキープしてます。

合格率82.61%は私立大学薬学部では15位に相当する数値。

なお真の薬剤師国家試験合格率の最新のランキング、並びに薬剤師国家試験合格率のからくりについては、下記記事で記載してますので、参考にしてください。

5.大阪大学薬学部の留年率は6.9%

大阪大学薬学部の留年率

大阪大学薬学部の留年率6.9%

卒業までの留年率が10%を切っており、高い進級率の薬学部です。

過去3年間の結果は次の通り。

入学年度留年率入学者数5年次進級数5年次進級率卒業数卒業率
2014年度6.9%292793.1%2793.1%
2013年度4.0%252496.0%2496.0%
2012年度4.0%252496.0%2496.0%

※留年率は、国公立大学薬学部19大学のうち、9大学のデータがないためランキングなし。

(参考:各大学における入学試験・6年制学科生の修学状況等|文部科学省)

大阪大学薬学部留年率はここ3年間10%を割り込んでおり、高い進級率が継続されてます

しっかり授業についていけでば、まず留年せずに卒業できると言えます。

ちなみに留年率9.5%は私立大学薬学部では1位に相当する数値。

なお、2015年度入学(2021年3月卒業者)のデータは、文科省データが公表されたら更新( 11月予定)予定です。

薬学部の留年率は、他の学部と比較して9%程度高い状況

4年制大学が留年なしで卒業する割合(ストレート卒業率)と薬学部で留年なしで5年生に進級した割合を比較すると次の通り。

条件進級率留年率
4年制大学の
ストレート卒業率※1
81.6%18.4%
薬学部のストレート
5年生進級率※2
72.6%27.4%

※1(参考:学校基本調査‐令和元年度の概要|文部科学省)
※2(参考:各大学における入学試験・6年制学科生の修学状況等|文部科学省)

薬学部の留年率は、4年生終了時までに他の学部と比較して9%程度高い結果

5年生になるまでの留年率が高いうえ、さらに卒業までに2年間。

特に卒業試験は難しく、卒業延期を含めるとさらに留年率は上昇

卒業延期まで含めた、6年間で留年せずに卒業できる割合は平均64.6% (留年率35.6%)となってます。

6.大阪大学薬学部の6年間ストレート薬剤師国家試験合格率は83.3%

大阪大学薬学部の6年間ストレート薬剤師国家試験合格率

大阪大学薬学部6年間ストレート薬剤師国家試験合格率は、82.8%となってます。

当サイトで調査した、国公立、私立すべての薬学部の6年間ストレート薬剤師国家試験合格率平均55.6%

約27%良い結果となってます。

長崎大学薬学部の過去3年度の成績は次の通り。

入学年度ストレート
国家試験合格率
入学者数ストレート
国家試験合格者数
2014年度82.8%2924
2013年度88.0%2522
2012年度80.0%2520

※6年間ストレート薬剤師国家試験合格率は、国公立大学薬学部19大学のうち、9大学のデータがないためランキングなし。

大阪大学薬学部で6年間留年せずにストレートで薬剤師国家試験に合格するのは80%と高い数値

学年中位をキープ出来てれば、ストレートで薬剤師国家試験に合格できる計算。

ちなみに6年間ストレート薬剤師国家試験合格率82.8%は、私立大学薬学部では1位に相当する数値。

この点からも好成績なのが分かります。

なお、入学年度と薬剤師国家試験の受験タイミングは次の通り。

  • 2014年度入学者は2020年3月試験(第105回薬剤師国家試験)
  • 2013年度入学者は2019年3月試験(第104回薬剤師国家試験)
  • 2012年度入学者は2018年3月試験(第103回薬剤師国家試験)

※2015年度入学、2021年3月試験(第106回薬剤師国家試験)の結果は、文科省データが公表されたら更新( 11月予定)。

7.大阪大学薬学部入試データ

大阪大学薬学部入試データ

ここからは大阪大学薬学部受験データを紹介します。

大阪大学薬学部の受験で気になるのが受験倍率。

大阪大学薬学部の一般選抜の受験者数、合格者数、受験倍率は次の通りとなってます。

データは2021年度(2021年度入学者)から過去3年間のデータ

入試年度志願者数受験者数合格者数倍率
2021年度151136672.03
2020年度227215703.07
2019年度233210732.88

受験倍率は2倍~3倍とそこまで高くありません。

昨年度は新型コロナの影響か受験者数少なく、受験倍率は例年より低い結果でした。

8.大阪大学薬学部募集要項

大阪大学薬学部募集要項

大阪大学薬学部の募集要項です。

2022年度入学者用最新版です。

募集人数

入試方式募集人数
学校推薦型選抜15
一般選抜
(前期日程)
65
合計80

試験日程

入試方式
試験日合格発表出願開始日出願締切日
学校推薦型選抜22年1月15日・16日
22年2月11日
1次選考:22年2月9日
2次選考:22年2月14日
21年11月1日21年11月10日
一般選抜
(前期日程)
22年1月15日・16日
22年2月25日・26日
22年3月9日22年1月24日22年2月4日

※1:学校推薦型選抜は1次選考を合格した人が、2次選考の受験が可能。

他の大学の入試日程に関しては、次の2記事にまとめてます。

受験スケジュール作成にお役立てください。

試験科目

入試方式
入試科目配点備考
学校推薦型選抜B共通テスト利用

  1. 国語
  2. 地理、歴史、公民から1科目
  3. 数学Ⅰ・A、Ⅱ・B
  4. 化学、物理、生物から2科目
  5. 英語

2次選考

  1. 小論文
  2. 面接
共通テスト

  1. 150点
  2. 50点
  3. 200点
  4. 200点
  5. 150点

2次選考

  1. 100点
  2. 150点
英語はリーディングを150点満点に
リスニングを50点に換算し、
合計200点を150点に換算
一般選抜
(公立中期日程)
共通テスト

  1. 国語
  2. 地理、歴史、公民から1科目
  3. 数学Ⅰ・A、Ⅱ・B
  4. 化学、生物、物理から2科目
  5. 英語

個別学力検査

  1. 数学Ⅰ・A、Ⅱ・B、Ⅲ
  2. 化学、生物、物理から2科目
  3. 英語
  4. 小論文
  5. 面接
共通テスト

  1. 100点
  2. 50点
  3. 100点
  4. 100点
  5. 50点

個別学力検査

  1. 250点
  2. 250点
  3. 150点
  4. 50点
  5. -
共通テスト

地理、歴史、公民は第1解答科目の
成績を利用

英語はリーディングを150点満点に
リスニングを50点に換算し、
合計200点を50点に換算

面接の結果により、筆記試験の結果が
良くても不合格の場合がある。

新型コロナの影響で入試日程に変更がある場合があります。

入学検定料、入試に関する詳細情報、入学手続きなど、必ず大学公式の資料でご確認ください。

下記のボタンから簡単に資料請求が行えます

スマホでも簡単資料請求

9.大阪大学薬学部所在地

大阪大学薬学部の所在地は次の通りです。

大阪府吹田市山田丘1-6

大阪大学薬学部周辺の住宅情報は下記からどうぞ



まとめ

まとめます。

今回、大阪大学薬学部の受験を考えている学生に向けて、薬学部の進路選択の参考となる、偏差値6年間総額学費真の薬剤師国家試験合格率留年率6年間ストレート薬剤師国家試験合格率のデータを紹介しました。

結果は以下の通り。

  • 大阪大学薬学部の偏差値70
  • 大阪大学薬学部の学費3,496,800
  • 大阪大学薬学部の薬剤師国家試験合格率82.61%
  • 大阪大学薬学部の留年率6.9%
  • 大阪大学薬学部のストレート国家試験合格率82.8%

また入試情報など受験に必要な情報を紹介しました。

今回紹介した記事を大阪大学薬学部の進路選択の参考にお役立てください。

また他大学の記事との比較、ならびに各ランキングの関連記事を参考にしていただき、受験校選び、資料請求などにご活用ください

 

しかしこの記事では紹介しきれなかった情報があります。

それは大学施設の詳細やキャンパスライフ、そして就職率、就職先の詳細情報など。

この点に関しては、大学が発行している公式の資料を取り寄せて確認してください

下記のボタンより大阪大学薬学部の資料請求が行えます。

また複数の薬学部、その他の大学の受験を考えている方は、スタディサプリではまとめて資料請求でプレゼントがもらえるキャンペーンを実施してますので、この機会にぜひご利用ください。

スマホでも簡単資料請求

 

【高校生限定キャンペーン】

スタディサプリ進路はリクルートが運営する高校生のための進学サポートサイト。

オープンキャンパスの情報や、学校紹介のパンフレットや願書などの情報が無料(一部有料資料あり)でえられます。

しかも一気にまとめて行うことも可能。

現在スタディサプリ進路では、高校生限定で「7校以上の無料パンフ・願書請求」で図書カードを全員にプレゼント実施中

もちろん薬学部以外の他の学部、学校、専門学校も組み合わせ自由

10月28日までの期間限定です

スマホでも簡単資料請求

-大学薬学部一覧, 大学選択の参考に, 薬学部を目指したい

© 2021 ようこそ!薬剤部長室へ