薬剤師の悩み解決 理想の仕事選び

新人薬剤師1年目で転職は問題なし!成功、失敗ポイント解説付き

2020年12月22日

薬剤師1年目で転職アリ!
新人薬剤師ですが、仕事がきつくて転職したいです。

転職することはできますか?

新人薬剤師転職してしまうと将来なにか問題ありますか?

 

薬学部に進学している人、これから薬学部を目指す人は、次の悩みがあります。

 

はてな

薬剤師1年目での転職は問題ないか?

新人薬剤師での転職は将来問題ないか?

 

この疑問、悩みに回答します。

 

この記事の信頼性

だだの
薬剤部長

薬剤師歴20年目!(2021年時点)

大学病院薬剤部13年勤務

現在は、民間病院の薬剤部長をやってます。

部長歴6年

業界に長いので、裏事情までしっかり把握してます。

プロフィール

働き始めると

「こんなはずじゃなかった」

「全然イメージとちがう」

「凄く疲れるからやめたい」

 

と考える新人薬剤師は多いです。

 

すると「転職したい」、「別の職場に就きたい」と思う事もあるのでは?

 

でも

新人薬剤師の1年目で転職しても大丈夫なのか?」

新人薬剤師なのに転職できるのか?

と不安になることも。

 

この疑問に対しての結論は

新人薬剤師の1年目で転職しても問題ない!

新人薬剤師の1年目で転職しても将来に問題はまずない!

です。

 

この記事では「新人薬剤師が転職しても問題ない」という根拠を解説し、さらに「転職の成功ポイント」「失敗ポイント」についても解説します。

 

最後まで読んでいただければ、薬剤師歴が1年目で転職すべきかどうか悩んでいる人の悩みが解決でき、自分が進むべき道、損をしない方向性について理解することが出来ます。

 

新人薬剤師1年目で転職しても問題ない理由

薬剤師1年目で転職して問題ない

では新人薬剤師の1年目で転職しても問題ない理由を解説します。

理由は

  • 薬剤師として働いた経験があるから
  • 新人薬剤師なので変な癖がついていないから

 

他の職業だと1年目での転職はなかなか難しいのですが、薬剤師なら1年目転職しても問題ありません

そして、将来的にもまず問題ありません。

 

詳しく解説します。

 

薬剤師として働いた経験があるから

薬剤師として1年弱働いた経験があれば、1年目の転職も大丈夫です。

 

え、でも1年も働いてませんよ?

大丈夫ですか?

だだの
1年未満でも一通りの調剤業務、監査業務はできますよね?

それなら大丈夫です!

 

1年未満だと経験数が足りないと思います。

確かに足りません。

 

でも1年弱働いているのなら、基本的な調剤業務、監査業務はこなしていますよね。

病院では1年目の薬剤師で、当直業務まで行っている人もいます。

この1年弱の経験でも、薬学部の新卒学生、大きくブランクがある薬剤師よりはアドバンテージに働きます

 

実際私が勤めていた病院でも、1年目でやめる薬剤師は毎年のようにいました。

でもやめてもすぐに就職でき、現在は立派な薬剤師になってます。

 

ただやはり働いた期間が短ければ、短いほどできる業務は少なくなり、このアドバンテージは少なくなります

 

新人薬剤師なので変な癖がついていないから

経験年数が短いと基本的な薬剤師業務しか覚えてません。

ただその分余計な考え方が身についていないため、入った会社の方向性、教育方針を注ぎ込めます。

 

薬剤師として働く基本的なことは教える必要はないため、新卒薬剤師と違い短い時間で現場に立たせられるので、教育負担は少なく済みます

しかも給与は新卒薬剤師とそんなに変わらない

採用側からもメリットがあります。

 

経験年数が長いと即戦力ではあるのですが、会社の方針と合致しない人を雇った場合、先に勤めているとトラブルになる可能性もあります。

 

薬剤師1年目で転職しても将来的に問題ない

薬剤師1年目で転職しても、「出世が遅れる」など将来にわたって不利を受けることはありません

薬剤師人生を40年と考えれば、「1年目の転職」まだまだ全然最初の出来事

次の勤め先でしっかり仕事、勉強をすれば、今後の薬剤師人生で問題は全くありません

 

ただし、転職後の職場もすぐにやめてて、若いうちから2回、3回と転職を繰り返すと、だんだんと敬遠され就職条件も厳しくなってきますので、ご注意ください。

 

新人薬剤師で転職する時の問題点

薬剤師1年目で転職するときの問題点

ここまで新人薬剤師の1年目で転職しても問題ないと話しました。

「じゃあ安心して転職できるね」

と、思われるでしょうが、さすがにそんな良い事ばかりではありません

 

1年目で転職する場合は、もちろん問題点はあります。

次の点です。

  • 1年目のアドバンテージはそこまでない。
  • 同じ条件で経験年数が長い人と比べるとキツイ
  • 採用側から不審がられる

 

この点がひっかかり、望むような職場が選べない可能性はあります。

 

1年目のアドバンテージはそこまでない

薬剤師として1年弱働いたので、基本的な調剤業務はできますが、やはり1年目

服薬指導などまだまだ深く、広く業務を覚えて、経験を積んでいく必要があります。

 

あくまでも「新卒薬剤師よりは経験値がある」程度のアドバンテージしかありません。

 

同じ条件だど経験年数が長い方が有利

新卒薬剤師よりはアドバンテージはありますが、やはり経験年数が豊富な薬剤師と比べると実践力が欠けるところ。

 

したがって、2、3年以上経験している薬剤師が同じ採用試験に受けてきた場合、即戦力の観点からも不利を受ける可能性が高いです。

また、複数年働いていることから、「少しは長く働いてもらえるのでは?」と、やはり長く継続して働いている人の方が有利にはたらきます。

 

採用側からネガティブにとらえられる

薬剤師1年未満で転職する場合、採用側からは

「またすぐにやめるのではないか?」

「コミュニケーションが苦手なのでは?」

などネガティブにとらわれます。

 

やはり採用側としては、長く働いてもらいたいところ。

その点では1年で退職というのはマイナスになります。

 

新人薬剤師での転職で失敗する人

薬剤師1年目の転職で失敗する人

新人薬剤師での転職は問題ないと話してますが、次に該当する人は転職をした時に失敗する可能性が高いです。

 

  • 大した目的を持たずに転職する人
  • 勉強不足、経験不足だけの場合

この点だけで転職を試みるのは良い判断とはいえません。

 

大した目的を持たずに転職する人

大した目的を持たず、「仕事疲れるからやめたいな」、「きついからやめたいな」という現状の不満だけであれば、転職は考えた直した方が良いです。

なぜならば次の仕事に勤めても同様な考えは浮かびますし、「前の方がよかった」と後悔する可能性も高いです。

 

そうするとすぐに次の転職を考え、転職を繰り返してしまいます。

 

若いうちから複数回転職を繰り返すと、ますます「この人は長続きしない人」と採用側に感じられ、状況は厳しくなってきます。

 

ただし精神的に参ってしまっている、体調を崩しそうだ、崩しているのであれば、十分転職目的になるので、この項目には該当しません。

 

勉強不足、経験不足だけの場合

「仕事がうまくできない」

「いつまでたっても覚えられない」

「自分はこの仕事合わないのでは」

と、1年目の薬剤師は考える人が多いです。

 

特に同期入職が多い場合は、他の薬剤師と比較してしまいがちで、自分を過小評価してしまいます。

つまり自信を無くしている状態。

 

ただこれは、勉強し、経験を重ねることによって急に上手くいきだすようになります。

2年目になり後輩薬剤師が入り、自分が教える側に回った時に、自分が今まで教わってきたことを整理し直して教えます。

それにより知識、経験が定着することで一気に成長します。

 

ただ勉強、経験が足りないだけなら、転職はせずに今の職場で複数年経験を積んだ方が、転職時のアドバンテージは大きくなるので、安易に転職することは進めません。

 

1年目で転職すると、新しい職場で1からというわけではありませんが、また新しい職場での環境になれることから始まるため成長は遅くなります。

 

新人薬剤師の転職で成功するために必要な事

薬剤師1年の転職で成功するには

転職は薬剤師1年目に関わらず、「失敗したらどうしよう」、「次の職場で上手くやっていけるかな」と不安になると思います。

 

そこで薬剤師の転職で成功するために必要な事を次の3点で解説します。

  • 次の職場を見つけてから退職する
  • 明確な転職理由をもつ
  • 薬剤師の就職コンサルトを上手く利用する

 

次の職場を見つけてから退職する

これ本当に重要!

絶対に次の職場を見つけてから退職してください。

 

理由としては、仕事をやめてから職を探すと焦りが生じます。

「早く仕事に就かなくては」と。

それにより冷静な仕事探しができず、自分の希望に合わない職場を選んでしまいます。

その結果「あー失敗した」「辞めたい」となり、続かなくなります。

 

また次の職場を探している時も、今の仕事が継続できてるので、職歴、経験値が上がります。

1年目を終えて2年目へと、仕事探しのうちに経験年数が上がっていくこともあります。

 

しっかり次の転職を選ぶためには、「先に転職先をみつける」。

これが非常に重要なので忘れないでください。

 

明確な転職理由をもつ

次の職場選びにも重要ですし、長く働き続けるにも「明確な転職理由」は重要です。

 

例えば

「在宅医療に関わり、高齢者の安心安全な投薬治療に貢献したい」

「がん治療の最前線で経験を重ね、患者が安心してがん治療に専念できるようにサポートしたい」

などの「○○な薬剤師となり医療に貢献したい」という明確な目的。

 

これは次の職探しでも役立ちます。

また、採用側にも「目的があってうちを受けてくれるなら長く続きそうだ。」

「意欲がありそうだ」

と、好印象を与えまます。

 

薬剤師の就職コンサルトを上手く利用する

では実際に次の職場を探すときですが、薬剤師向けの就職コンサルト会社(転職サイト)を活用したほうが圧倒的に良いです。

特に薬剤師1年目ですと、経験が不足しているので、自分の力で探すよりも、プロの力を利用すべきです。

 

でも転職サイトって、強引に転職を進めませんか?
電話とかしつこくありませんか?
だだの
確かにその不安はわかる!

対応策を教えます。

 

確かに転職サイトは、薬剤師を転職先に紹介し契約することで、契約先の医療施設からの報酬をえます。

もちろん転職サイトにも「売り上げ」のノルマがあるため、どんどん転職の話を進めてくるでしょう。

したがって次の対策をしっかりとってください。

 

自分の条件をハッキリさせる事

転職コンサルト会社に流されないためにも、自分がどういう職場を希望しているのか、しっかり設定しておく必要があります。

 

「在宅医療がやりたい」

「通勤はこのくらいの時間で」

「残業はこのくらいで」

「給与はこのくらいで」

など

 

この条件は転職サイトを登録する際に、しっかり伝えておく必要があります。

そうすると転職サイト側から、あなたの条件にあった求人案件を探して紹介してきます。

 

あくまで自分のペースで仕事探しをすること

あなたが示した条件通りの職場が見つかれば良いのですが、なかなか見つからない場合があります。

そうすると転職サイト側から「○○は今しかないですよ」など、急に決めたい案件を持ってくるかもしれません。

 

ここで慌てて「これを逃すの良い案件がない」と飛びつきたくなります。

 

しかし慌てて契約すると、働き始めてしっくりこない時に「ああ失敗した!」と、凄く後悔してしまいます。

 

そうならないためにも、自分が上げた条件で「妥協できる点」を決めておく必要があります。

「通勤距離がここまでならまあいいか」

「給料はこの程度だけど、今よりはましだからいいか」

など。

自分がしっかり納得できる妥協点を設定しておく必要があります。

もし、妥協点に達しないなら、縁がなかったということで、次の求人を働きながら待ちましょう。

 

電話連絡がうるさい場合の対応方法

この後紹介するおススメの転職サイトは、そこまで頻回に電話がかかってくることはありません。

ただ登録した初回などは、条件のすり合わせなどで何回か電話があります。

その後は「メールでお願いします」と伝えれば、本格的に転職の話を進めるまではメールでのやり取りとなります。

 

もし電話がしつこいようなら、転職サイトのコールセンターにクレームを言えば終わります。

ただ安否確認?のように「その後お変わりありませんか?」っていう電話はありますね。

 

売り上げが低い中小のコンサルト会社が、頑張って営業活動してくるので、電話をバンバンかけてきます。

仕事中やら夜やら。

なかなかうっとうしくて、ブチぎれた人もいます。

 

初めての転職なので素直に大手に登録しておいた方が良いですね。

 

あ、メールの数も凄く多いので、outlook.comなどでフリーメールを作り、普段使いのメールと分けることをおススメします。

 

転職サイトを複数登録しておく

あなたの条件に見合った求人をもらうためにも、大手転職サイト2、3社を登録することをおススメします。

薬剤師の転職サイトは数多くありますが、「理想の求人が欲しい」と思って多く登録しすぎない方が良いです。

 

なぜなら連絡がうるさいから。

これにつきます。

最初は大手2、3サイトにとどめておきましょう。

 

プロの力を利用する

転職サイトは求人を紹介してくれるだけでなく、使い道があります。

もったいないので、しっかり「プロの力」を利用しましょう。

 

転職先の試験、面接対策

履歴書作成、面接対応など転職先の試験対策。

転職サイトは就職のプロですので、バッチリ対応策を教えてくれます。

たぶん「学生のうちに教わりたかった」と思う事でしょう。

 

職場見学、面接同行

就職試験の前に職場の雰囲気を体験しておきたい場合は、同行してくれる会社もあります。

また、面接時に一人で行くのは、不安だと思いますので一緒に同行してくれる会社もあります。

 

退職時のアドバイス

今まで勤めていた職場をやめるのも大変。

どのような流れで退職すると円滑に退職できるのかについても、丁寧に説明してくれます。

 

おススメの転職サイト

それではおススメの転職サイトを4社紹介します。

たいていはこの4社で問題ないというか十分です。

このうちから2~3サイト登録してみてください。

全て登録、面談、サポートすべて無料です。

 

マイナビ薬剤師

薬剤師1年目の転職にはマイナビ薬剤師

(引用:マイナビ薬剤師)

マイナビ薬剤師は総合求人転職会社のマイナビグループが運営している、薬剤師専用の求人サイトです。

企業、病院、調剤薬局とバランス良く求人があります。

 

そしてマイナビの特徴としては、親身に丁寧に話を聞き、条件を設定してくれるなど、転職までのサポートが充実してます。

またアフターフォローもしっかりしているので、「転職して終わり」というわけでなく、就職後の悩みもサポートしてくれます。

 

面接同伴もあります。

とにかくしっかり話を聞いていくれるので、マイナビ薬剤師は登録しておいて損はないです。

マイナビ薬剤師だけでもいいかも。

ただ派遣の求人はありません。

 

ちなみに私の病院もマイナビ薬剤師に求人を出し、いい子を紹介して頂きました。

 

 

 

ファルマスタッフ

薬剤師1年目の転職はファルマスタッフ

(引用:ファルマスタッフ)

ファルマスタッフは大手調剤薬局グループの日本調剤グループが運営している転職サイトです。

病院の求人もありますが、やはり調剤薬局が強いです。

ファルマスタッフもしっかり話を聞いてくれて、調剤薬局では要望にあった求人を出してくれます。

 

またファルマスタッフは派遣業務にも強く、もしどうしても先に前の職場をやめたいのであれば、時給3,000円~4,000円の派遣をしながら次の職場探しという事もできます。

そして派遣中は日本調剤の教育システムを実質無料で受けることが出来るので、知識の向上も併せてできます。

 

面接同行もあります。

 

 

薬キャリ

薬剤師1年目の転職には薬キャリ

(引用:薬キャリ

薬キャリは東証1部上場企業の

m3.com

が運営している、転職サイトです。

ちなみに

m3.com

薬剤師の勉強に凄く役立つお得な【無料】サイトでも紹介してますが、薬剤師の勉強に使えるサイトでもありますので、転職関係なく登録をおススメします。

なおm3,comに登録しても、薬キャリに登録されるわけではありませんので、改めて下のボタンから登録してください。

 

薬キャリは豊富な求人情報と、スピード感があります。

とにかく求人提案、対応が早いです。

また病院とのパイプも強いため、病院求人も他のサイトより多いです。

 

一つ問題点としてはコンサルトとの交渉が電話、メール対応のみで、他のサイトのように顔を合わせて交渉することが出来ません。

じっくり話をきいて仕事を選ぶというよりは、早めに仕事を決めてい人には、求人量も多いのでおススメです。

 

また薬キャリも派遣業務に強いので、派遣をしながらチャンスを待つ手も使えます。

 

 

リクナビ薬剤師

薬剤師1年目の転職でリクナビは使える

(引用:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤は総合求人転職会社のリクルートグループが運営している、薬剤師専用の求人サイトです。

リクルートなのでやはり転職準備のフォローなどは充実してます。

またスピード感も速く、1週間で就職っていうこともあります。

 

そしてリクルートは独自のラインから集めた非公開求人が豊富。

登録して他社と比較すると「おおーこんなところが」って感じました。

企業系の薬剤師などもありましたね。

 

弱点は派遣の求人がないのと、都心以外は面接同伴や直接面談はありません。

 

 

まとめ:転職を考えるなら意思をしっかり持つこと!

まとめます。

今回「薬剤師1年目で転職は大丈夫なのか?」という不安に対して、1年弱でも経験しているから全然問題ないと説明しました。

 

ただし薬剤師1年目の転職ではアドバンテージは少ないため、複数経験の薬剤師と比較すると不利を受ける可能性はあります。

 

そのため薬剤師1年目の転職を成功させるためには、明確な自分の方向性をもち職探しを行う必要があります。

 

その職探しや準備がうまくいくためには、薬剤師専用の転職サイトを上手く利用すると、自分の目的に合った職場が見つかり、長く働けるようになるでしょう。

 

まだまだ薬剤師人生始まったばかりです。

今回の記事をぜひ参考にしていただき、ステキな薬剤師生活を送れること、仕事が見つかることをお祈りします。

薬剤師限定キャンペーン】

m3.com業界最大手の医療情報サイト

入会費、年会費無料で登録すると次の特典が!

  • 最新の医療関連ニュースがいち早くわかる!
  • 薬剤師の業務にすぐに使える情報、コンテンツが充実!
  • ニュース閲覧、アンケート回答でAmzon、楽天ポイントに使えるポイントがどんどんたまる!

現在、新規会員登録すると3,500円分のポイントゲット

9月30日までの期間限定です

\スマホで簡単1分で無料登録

m3.com新規会員登録はこちらから

 

-薬剤師の悩み解決, 理想の仕事選び

© 2021 ようこそ!薬剤部長室へ