大学選択の参考に 大学受験のポイント

【注意】国立大学薬学部は薬剤師になれない事があります!

2020年9月4日

国立大学薬学部
薬剤師になるために頑張って勉強して、国公立大学の薬学部に進みたいです!

どこの大学を目指せばいいですか?

だだの
一生懸命勉強することは良いことだ!

国公立大学薬学部は難しいから頑張るんだよ!

でもせっかく薬学部に入っても、

薬剤師になれない場合があるから、

しっかり調べて志望校を決めないといけないよ!

 

はてな

国立大学薬学部に行ったのに薬剤師になれないってホント?

国立大学薬学部で確実に薬剤師になれる大学を教えてほしい

 

この疑問を解決します。

 

この記事の信頼性

だだの
薬剤部長

薬剤師歴20年目!(2021年時点)

大学病院薬剤部13年勤務

現在は、民間病院の薬剤部長をやってます。

部長歴6年

大学病院時代は病院実習の担当をしてました。

プロフィール

 

実は薬剤師になりたくて国立大学薬学部に進んだのに、薬剤師になれない場合があるのをご存知ですか?

国立大学薬学部の実情、学科振り分けをよく理解して受験しないと、望み通りの進路に進めない可能性があります。

 

この記事では、他のサイトでは取り上げていない、国公立大学薬学部の学科振り分け制度についてまとめてます。

 

最後まで読んでいただき、今後の進路に役たててください。

 

国立大学薬学部に進んでも薬剤師になれない場合は?

国立大学薬学部 偏差値

薬学部に進む人がすべて薬剤師になると考えがちです。

しかし、国立大学薬学部は違います。

多くの国立大学の薬学部は、薬剤師を養成するのをメインに考えているのではなく、薬学にかかわる研究者養成をメインに考えてます。

とくに旧帝国大学(北海道、東北、東京、京都、大阪、九州)は、その傾向が強いです。

その点をしっかり理解してください。

 

その上で、この先の話を進めます。

 

項目は次の通り

  • 薬剤師になるための学科は
  • 薬科学科に進んだあと薬剤師になる方法は?
  • 国公立大学薬学部の学科振り分けパターンは?

です。

では説明していきます。

 

薬剤師になるための学科は

薬学部には、6年制の薬学科と4年制の薬科学科があります。

学科の名称は大学によって異なりますが、科学とついている学科は4年制と理解してください。

 

そして薬剤師になるための重要ポイントはこちら

重要ポイント

平成30年度(2018年)入学者からは、6年制薬学課程を卒業した人でないと薬剤師国家試験の受験資格はありません

 

つまりこれから薬剤師になるためには必ず6年制の過程につまり薬学科に進学しないといけません。

 

参考)厚生労働省:薬剤師国家試験  4.受験資格

 

薬科学科に進んだあと薬剤師になる方法

平成30年から4年制の薬科学科に進学した場合、薬剤師国家試験の受験資格はありません。

 

受験資格をえるためには、6年制の薬学科に編入する必要があります。

 

ただ令和2年時点で該当する学生がまだいませんので、各大学の詳細は明らかになっておりません。

ただ4年次に臨床実習のための事前実習、試験、5年次の臨床実習の兼ね合いから、私立大の薬学科4年生に編入すると思われます。

公立大学も可能性はありそうです。

詳細が分かり次第改めて紹介します。

 

※平成18年度から平成29年度の4年制薬学課程入学者は、卒業後に3年間の大学院での研修受ければ受験資格がえられます。

 

国公立大学薬学部の学科振り分けパターン

国公立大学薬学部の学科振り分けパターンは次の3つ

 

  • 学類でまとめて入学⇒進級過程で振り分け
  • 薬学部としてひとまとめで入学⇒進級過程で振り分け
  • 出願時点で学科を決められる
  • 薬学科しかない

それぞれの特徴を解説します。

 

 

〇学類でまとめて採用

理学部、工学部、農学部などとまとめて「理系」として募集をかける。

進級過程で学部、学科を決めるパターン。

どれだけの人が薬学部を希望しているのかが分からず、希望通りの進路に進むのが難しい。

 

採用している大学

東京大、北海道大(前期)

 

〇薬学部としてひとまとめで入学

入試時点では薬学部として入学。

進級過程で薬学科、薬科学科に振り分けるパターン

各自に進路希望をとる。

ただこのパターンを採用している大学の大半で、成績順に希望が通る流れになっている。

自分の成績が上位なら問題ないが、希望が叶う保証はない。

 

採用している大学

北海道大(後期)、東北大、千葉大(前期)、金沢大(前期)、京都大

 

〇出願時点で学科が決まる

入学願書を出願するときに、薬学部薬学科、薬学部薬科学科と分けられている。

合格すればその学科に進学する。

シンプルで分かりやすいが、途中で学科変更をすることはまず難しい。

 

採用している大学

富山大、岡山大、広島大、九州大、長崎大、熊本大、静岡県立、名古屋市立

 

〇薬学科しかない

薬剤師を目指します。

大阪大は一部例外があります。

詳細は国公立大学薬学部の偏差値&振り分けの紹介ページで。

 

採用している大学

大阪大、徳島大(令和3年入学から)、岐阜薬科、山口東京理科大、和歌山県立医科大(令和3年開設予定)

 

このように学科振り分けは大学によって異なりますので、しっかり把握しておきましょう。

 

 

まとめ:偏差値だけで選ぶと希望の道に進めない

まとめます。

薬剤師になるためには薬学科に進学しなければなりません。

また4年制の薬科学科に進学すると、薬剤師になるためには、卒業後編入する必要があります。

 

国公立大学薬学部は難関です。

せっかく合格したのに、希望の進路がとれないと後悔してしまいます。

そのようなことにならないように、各大学の学科振り分け方法はしっかり把握しておきましょう。

 

詳細に関しては

「国公立大学薬学部の偏差値、募集人数完全データ」

詳細情報をまとめましたので、こちらも合わせてごらんください。

 

将来の就職希望が、薬剤師でなく

「薬の研究者になりたい」

「新薬を開発したい」

と研究職を希望している方もいると思います。

その方に向けて

研究職を目指すのなら薬学部4年制が最適な3つの理由

を研究職希望の方に向けてまとめてます。

あわせてごらんください。

 

 

 

 

 

 

 

 

-大学選択の参考に, 大学受験のポイント

© 2021 ようこそ!薬剤部長室へ